2009年04月02日

1分足のデータをMySQLにロードする(1)

1分足のデータをMySQLにロードするために、まずデータのダウンロードから。

自分は、このサイトのツールを使わせていただいています。

http://kasege.net/forex/archives/2006/09/forexitedl_autoforexite.html

ダウンロードが完了すると、

1min_2001.txt

のようなファイルが出来上がりますので、これを使ってデータロードします。

そのためには、MySQLでテーブルを作る必要がありますが、こんな感じにしました。(decimalの数値は使いまわしなので適当でした。。。)


mysql> show create table eur_usd_2001\G
*************************** 1. row ***************************
Table: eur_usd_2001
Create Table: CREATE TABLE `eur_usd_2001` (
`time` datetime NOT NULL default '0000-00-00 00:00:00',
`start` decimal(6,4) default NULL,
`high` decimal(6,4) default NULL,
`low` decimal(6,4) default NULL,
`end` decimal(6,4) default NULL,
PRIMARY KEY (`time`)
) ENGINE=MyISAM DEFAULT CHARSET=utf8
1 row in set (0.01 sec)

startは 始値
highは 高値
lowは 安値
endは 終値

です。

あと、ダウンロードした 1min_2001.txt のはじめのカラムが
日付と時間が分かれているので、自分は合わせています。

元々がこんなのが

$ cat samp.txt
2008-01-01,17:01:00,1.4589,1.4591,1.4589,1.4591
2008-01-01,17:02:00,1.4591,1.4591,1.4591,1.4591
2008-01-01,17:03:00,1.4590,1.4590,1.4589,1.4589
2008-01-01,17:04:00,1.4589,1.4590,1.4589,1.4590

sedなどでこうなります

$ sed "s/,/ /" < samp.txt
2008-01-01 17:01:00,1.4589,1.4591,1.4589,1.4591
2008-01-01 17:02:00,1.4591,1.4591,1.4591,1.4591
2008-01-01 17:03:00,1.4590,1.4590,1.4589,1.4589
2008-01-01 17:04:00,1.4589,1.4590,1.4589,1.4590

あとは、このファイルをロードするだけですがまた後日。


↓励みになりますので、宜しければクリックをお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村 
posted by よろ at 03:14| Comment(0) | TrackBack(0) | システム構築
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28134341

この記事へのトラックバック